【脳と呼吸と香りの講義まとめ】

2018.12.03 Monday 12:39
0
    #1678
    こんにちは!
    『ココロとカラダにご機嫌を♪』
    めがねの整体師オギさんです。

    先日、受講したアロマ講義のまとめ。

    (講義の覚書マインドマップ)

    ■呼吸には3つの呼吸がある。

    ・生きるための呼吸(延髄)
    リズム産出、代謝に応じ呼吸を制御。

    ・随意的な呼吸(大脳皮質)
    自分の意思で呼吸を深くしたり止めたりできる。

    ・感情や情動(辺縁系)
    感情や情動によって変化、また記憶とも連結する。

    ■嗅覚の特徴

    ・吸息により匂い分子が嗅神経に送られる。
    ・情報が直に情動や記憶に関連する部位へ射する。
    ・吸息に匂いを強く感じ、呼吸が変化する。

    ■感情、情動と呼吸との関係

    ・快(喜び、楽しみなど)→深くゆっくりした呼吸に。
    ・不快(恐怖、悲しみ、怒りなど)→浅く速い呼吸に。

    検査を見ている検査者にも伝わり、呼吸が変化する。
    呼吸を変えると脳、感情変化に影響を与える。

    ・面白い実験
    花の絵を見て香りを想像→呼吸が深くゆっくりになる。
    (視覚情報から変化)

    ・嫌いな香りは、万人共通しやすいが、 好きな香りは個人差が大きい。

    ■共通する好きな香りはある?

    「自伝的記憶の中の良い経験と共にある香り」というのが、
    その人にとっての良い香り。

    その香りが、その人を最もゆっくり深い呼吸へと誘ってくれる。

    「自伝的記憶」とは、
    10歳以下の頃、感情的、空間的、ストーリーのある記憶。

    〜懐かしの香りベスト3〜(共通しそうな香り?)順不同

    【 蚊取り線香 】
    【 ベビーパウダー 】
    【 キンモクセイ 】

    ■気になるキーワード

    「日本には、刀と呼吸法がある」
    「呼吸はウソつかない」
    「脳の衰えは嗅覚から」
    「痛みは減らないが、注意と意識は変えられる」

    ☆脳のアンチエイジングのためには?☆

    不快のない状態で呼吸を調えて、
    懐かしい香りを味わって楽しんで、
    当時の良い体験を想像する。

    そうすることで、脳の血流量を増やし、脳に栄養を届けて、
    脳のいろいろな部位を活性化させることができる。

    それが、いくつになってもイキイキと生きていくための
    アンチエイジングに繋がりなりそうです。

    さて、子どもの頃の懐かしい好きな香りはどんな香りでしょう?

    個人的には、たたみの香りとか?
    雨の降り始めの埃立つ香りとか?
    でしょうか(^^) 好みの香りは人それぞれですね。

    今日のひと花(二重生けのお生花入れ替えていただく)


    それでは、今日も好い1日を…。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    いつもお読みいただきありがとうござ いますm(_ _)m
    本人に「ブログを読んだ」と伝えていただくと喜びますので、
    どうぞお気軽にお声かけくださいませ(*^_^*)
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    ◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯

    『ココロとカラダにご機嫌を♪』

    めがねの整体師オギさんのお店のホームページはコチラ

    ◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯◆◯

    ★★★☆☆☆最近のお知らせ☆☆☆★★★

    ・オンライン予約を始めました! (予約ページはコチラ

    category:呼吸について | by:オギさんcomments(0) | -
    Comment








       

    logo
    リラクゼーションサロン
    KNEAD(ニード)のHPへ
    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM